クレジットカードとは

これからクレジットカードをもとうとお考えの方の多くは急な出費で資金繰りに苦しんでいる方が多いと思うのですが、クレジットカードを持ったことが無い人に、クレジットカードの印象を聞いてみると、大抵の人は、怖いイメージを持っていたり、お金に困ってる貧乏人が使うから必要ないなど、偏った知識しかもっていない方が大勢います。
何故、そのように思うのかというと、やはりバブル崩壊後に借金で怖い思いをした方の話を聞いていたり、映画やドラマなどでヤクザ風の人が借金をしている人に対して、イジメのような強硬手段でお金をむしり取っているイメージが強く残っていたり、両親や職場の上司などから、「クレジットカードは必要ない。買い物は現金払いが一番安全。」のような話を聞いている場合も考えられます。
2015年現在、ご年配の方の多くは、現金主義の人が多いので、昔から現金しか安心できないような風習が日本には根付いている事も、クレジットカードが好まれない理由になっています。

しかし、最近ではクレジットカードテレビのテレビコマーシャルにモデルさんや、芸人さんなどの芸能人の方を採用し、ポップで明るいイメージを前面に打ち出す事で、これまでの日本に根付いていたクレジットカードのマイナスイメージを打ち消そうとしている流れができて来ていて、20代などの若い人の中には、クレジットカードが怖いというイメージから、必要な時に必要なだけ借りれば、生活をより豊かに変えてくれるアイテムとして認識され始めています。